2018年03月04日

観察を終了します

稲波干拓での越冬を終えた124羽は北に向かいました。

11時頃までに稲波干拓でオオヒシクイの姿はありませんでした。

本日で観察活動を終わります。観察小屋についても閉鎖します。



稲波干拓の農地耕作者及び江戸崎入土地改良のみなさまには、越冬期間中に工事や耕作を

控えていただく等の協力を頂きありがとうございました。

干拓内を利用するみなさまにも、オオヒシクイが日常滞留している場所周辺を避けて通行す

るなどの協力をいただきました。

観察や見学に訪れたみなさんにも、観察ルールに協力いただきました。

大勢方々に見守っていただきありがとうございました。

 
 
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 21:32| Comment(1) | 観察日記

2018年03月03日

全数北帰したと思われます



5:30から16:00迄居の間、群れの戻りを確認をしましたが
干拓地に戻る群れは無かった。


2月25日から北帰が始まり、3月2日に8:03に最後の一羽が
干拓地を離れ全数北帰したと思われますが、あす早朝の観察で最終判断を
したいと思います。


オオヒシクイが113日間利用した稲波干拓地。

観察小屋とまもなく沈む月。

!cid_image003_jpg@01D3B316.jpg

posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 18:51| Comment(0) | 観察日記

2018年03月02日

一羽が戻っていたが

越冬日数:113日目
越冬数 :1羽
塒   :A8−8
活動場所:A8−8


早朝干拓地内を観察していると、6時過ぎA8の田に1羽を確認する。


2月28日9時20分過ぎに飛去した群れの中の1羽が、昨夕以降干拓地に戻って
来たものと思われる。


8時過ぎ、滞留する近くの農道を走行する小型車両に警戒し、北東に飛去し17時
迄に戻る事はなっかた。

明朝以降の観察で北帰の可否を確認したい。


何故か戻った1羽。小型車両に追い出されるように飛去となる。

!cid_image005_jpg@01D3B25B.jpg

飛去した最後の1羽となるのか。

!cid_image006_jpg@01D3B25B.jpg
 
 
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 20:22| Comment(0) | 観察日記

2018年03月01日

群れは戻らず

今日の稲波干拓は、発達した低気圧の影響で7時30分頃が春雷も鳴り強風雨の
ピークで、7:35には風雨は弱まり9:20には晴れとなる。
(日中の最高気温は19℃ 風速は南から西の風5〜10m/s)

昨日、北帰したと思われる59羽と、飛去したと思われる25羽は17時迄には戻らず。

北帰については、明日の観察結果で確定したい。


観察小屋前のA12の田。今シーズン一番多く見つめた田圃です。
!cid_image001_jpg@01D3B192.jpg
 
 
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 19:48| Comment(0) | 観察日記

2018年02月28日

全数が北帰か・

越冬日数:111日目

越冬数 :0羽

塒   :A9−9

活動場所:B17−4〜2 A8−7



《塒》

 A9−9



《活動状況》

 塒のA9の田から6時半頃に飛び出し、B17−4の田へ着地。その後手前に移動。

この田で採食を行う。



《飛去の状況》

 7時半頃に自然と飛び出し飛去する群れ59羽と残る群れ25羽とに別れる。

59羽は北方向へ飛去し25羽はA8の田へ着地。他は不明。



 25羽は滞留する近くの農道に農耕車が走行したため9時過ぎに飛び出す。

 いつものコースで東から北東方向へ飛去となる。



全数が北帰なのかは明日以降の観察で確定となります。



1群れ目の59羽が北方向へ飛去となる。

!cid_image005_jpg@01D3B0D0.jpg


2群れ目の25羽が観察小屋前から北東へ向かう。
その後に小野川を越え東方向へそして北東へ飛去。

!cid_image006_jpg@01D3B0D0.jpg

posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 20:35| Comment(0) | 観察日記

2018年02月27日

飛去より採食に専念

越冬日数:110日目
越冬数 :108羽話(全数飛翔時の画像で確認)
北帰数 :16羽
塒   :A4〜A7−9から10分散 ?5羽
活動場所:B1/B2−3 A5/A6−4〜7 A7−2〜4


今日のオオヒシクイは、車両の通過や小型ジェット機の干拓地内通過で飛び出し
はしても飛去せず、採食に専念していた。


《主な活動状況》
・6時過ぎには、塒からB1/B2−3に移動する。
 8時には、全数B1−3に纏まり採食をする。
 この間、5羽がA6の水飲み場へ移動し水飲み後B1に戻る。
 小型車両の通過や乗用車の通過でも飛び出しは無かった。


・約30羽が生活道路に上がった8:40には、乗用車の通過で全数が飛び出
 しA5/A6−4に移動する。


・A6/A7の農道で休息中の10:30頃、干拓地中央上空をやや低い高度で飛
 行する小型ジェット機に警戒し飛び出しA5−5に移動する。


・移動後の群れは、A5の田と農道で採食が続く。
 この間、約半数がA6の水飲み場を利用する。


・17時30頃には、全数は纏まる事は無くA5−4・A6−4(水飲み)・A7−
 2・3の三か所に分散する。


B地区生活道路を占拠する群れ。
     (この後、車両通過で飛び出し移動する)

2018-2-27B1−3と舗装道路DSCN7629.JPG

小型ジェットに警戒し超低空で観察小屋前を飛翔する群れ

2018-2-27低空で逃げるDSCN7656.JPG

10:33干拓地内を飛翔する108羽
 
 2018-2-27全数飛翔108羽DSC04827.JPG
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 20:08| Comment(0) | 観察日記

2018年02月26日

下を向く時間が長く続く

越冬日数:109羽
越冬数 :104羽(滞留場所でA8−2・3でカウント)
塒   :A6−10/? A15−8/4羽 干拓地外/86羽
活動場所:A3−7 A6−3〜6 A8−2〜6 A9−1〜6


今日のオオヒシクイは、昨夕以降86羽が干拓地を離れ早朝戻る。
昨日同様、田圃では稲株を掘り起こして籾を採食する行動と、農道で草を採食す
る行動が多く見られ、下を向く時間が長く休息時間は極僅かであった。


《主な活動状況》


・6時前から塒から動きが有りA6の羽数は正確に確認出来ず。


・6:10頃に18羽が、6:40頃には68羽が戻る。


・7時前には、全数A9−2に纏まりA8/A9と農道を中心に過ごす。


・11時には、A6/A7の水飲み場へ移動する。
 40分後には再びA8/A9−2〜6へ移動する。


・16時から水飲み場へ移動が始まり、17時過ぎに移動が終わる。


・水飲みが終わり、17:20頃にはA6−3とA3−7(20羽)に別れ採食が
 続く。


着地をスローで撮影。


!cid_image009_jpg@01D3AF41.jpg

蕪を持ち上げ根や土の中の落穂を採食する。

!cid_image010_jpg@01D3AF41.jpg

乾燥しているので土煙りを立てながら飛び出す。

!cid_image011_jpg@01D3AF41.jpg

A8の田から飛び出しA6の田へ移動着地する。

!cid_image012_jpg@01D3AF41.jpg


posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 21:06| Comment(0) | 観察日記

2018年02月25日

北帰始まる

越冬日数:108日目
越冬数 :104羽(A8−3・4の田で101から104羽をカウント)
塒   :A8−4 A15−8/5羽 干拓地外/36羽
活動場所:A4−3 A5−5 A6-4〜6 A8−3〜6
     E8−3〜6


今日のオオヒシクイは、昨夕以降戻った群れと今朝戻った群れの羽数から約20羽が
北帰したように思われる。


北帰時期の群れの餌は、農道や畔の草と荒お越しをした田で、土の中に埋もれた二番
穂が付いた稲株を掘り起こし籾を採食する。


『農道:A6/A7(水飲み場)とA8/A9 田:A5 A6 A8 E8』


《主な活動状況》
・6時過ぎ三群36羽で戻りA8−5に降りる。
 A15の5羽もA8に移動する。


・6:30過ぎA8からE8に約60羽が移動する。
 E8の群れは、車両に通過や水飲みの為、10時前にはA6からA8に移動する。


・8時前には、小型車両接近で22羽が、A4−3に移動し9:40には水飲み場へ
 移動する。


・10:20頃にはA8−4に纏まるが、15時前には再び水飲み場へ移動する。


・16:30頃には、約20羽がE8へ移動するが、17時過ぎにはA5に移動する。


・16:40頃から、A6の群れはA5に移動が始まり、17:25頃には13羽を
 残しA5に纏まる。

A9の田へ着地。

!cid_image007_jpg@01D3AE6F.jpg

A6A7農道とA8の田とA9の田に滞留。

!cid_image008_jpg@01D3AE6F.jpg

A8田からの飛び出し。

!cid_image009_jpg@01D3AE6F.jpg


posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 19:44| Comment(0) | 観察日記

2018年02月24日

霧で降りられず干拓地を離れる

越冬日数:107日目
越冬数 :124羽(戻り時の画像で確認)
塒   :全数干拓地外
活動場所:A4−3〜7 A5−5〜7 B3−6


今日のオオヒシクイは、早朝戻るが濃い霧の中飛び出し降りる場所が分からない
のか干拓地を離れる。


《早朝の戻り状況》
・小野川からの川霧が晴れた7時前、124羽が干拓地に戻りA4−3・4に降
 りる。


《主な活動状況》
・戻った群れは、A4の農道を中心に草を採食しながらA4/A5−7辺り迄移
 動する。


・7時頃から、霞ケ浦方面より霧が立ち込め7時40分頃には視界不良となる。
・視界不良の中、8時20分頃群れは飛び出し干拓地内を周回する。
・8時30分頃、干拓地北西方角で群れの鳴く声が消える。


・霧が晴れた9時頃、B3−6に滞留する2羽以外姿が無かった。


・この2羽も小型車両の通過で南西方角に飛去する。


・17:25迄には戻らず。


朝戻りの群れ。

!cid_image009_jpg@01D3ADA8.jpg

戻り後にA4の田へ着地。

!cid_image010_jpg@01D3ADA8.jpg

濃霧での周回。

!cid_image011_jpg@01D3ADA8.jpg

6時1分の撮影。

早朝から朝に掛けて濃い霧が発生。霜も降り一面が真っ白となる。

!cid_image012_jpg@01D3ADA8.jpg
 
 
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 20:22| Comment(0) | 観察日記

2018年02月23日

オナガガモはすでに北帰 オオヒシクイは?

越冬日数:106日目
越冬数 :124羽(飛去時の画像で確認)
塒   :A5−8・9 A6−7
活動場所:B1/B2−1〜4


今日のオオヒシクイは、活動場所は昨日利用した生活道路に近いB地区で、往来する
人や車両に警戒しながら11時過ぎ迄過ごすが、小型車両に警戒し飛去する。


観察小屋前の小野川に滞留していたオナガガモは、30羽を残し北帰した様だ。


《主な活動状況》


・6時過ぎには塒からB2−4に移動する。
 移動後の群れは、排水路を小飛びでB1とB2を行き交い、B1/B2−1〜4で
 落ち穂や草を採食し農道のU字溝で水を飲み過ごす。


・8時前から約15分間、群れの直近に車を止め車内から撮影するカメラマンが見ら
 れ、現地に急行する場面も有った。


・11時30分頃、群れの近くを走行する小型車両に警戒し、干拓内を二分間飛翔の
 後飛去する。
 
 17:25迄に戻らず。


小型車両の走行でB地区より飛び出した。

!cid_image001_jpg@01D3ACDE.jpg

飛び出し周回後に干拓地を離れ飛去となる。

!cid_image002_jpg@01D3ACDE.jpg
 
 
 
posted by 稲波干拓のオオヒシクイ at 20:07| Comment(0) | 観察日記